朝顔日記

ALTAIR(アルテア)

publish
2003-01-04T00:00:00+09:00
tags
はてぶ

障害者情報ネットワーク ノーマネットで出しているALTAIR(アルテア)for Windowsというフリーソフトを入れてみた。どんなソフトかというと、

ALTAIR(アルテア)は、インターネットのWebを読むための視覚障害者に対応したテキストブラウザおよびテキストエディタとしてMS-DOS環境で動作していたものに、新たにWindows環境で動作するものが追加されました。

これにより外付けの音声合成装置を使用せずに音声出力ができるようになりました。

というソフトだそうだ。つまり、音声読み上げしてくれるエディタだったり、テキストブラウザだったりするようです。FTPとかもできるらしい。

一体どんなものなのか、説明を読んでもよくわからないのでとにかく入れてみることに。

スクリーンリーダーも必要みたいだが、うちんくのマシンにはホームページリーダー v3.01お試し版が入っているので、それのおまけの ProTalker97(機能限定版)が使えるはずだ。

で、入れてみた。インストール方法は 2 種類あるが、seup.exe を実行する方式でうまくいったみたい。起動するとエディタのようなものが立ち上がった。立ち上がる時に何かしゃべったようだが、よく聞き取れなかった。

画面はそっけない。いかにも何か書いてくれと言わんばかりなので、何か書いてみる。書いた端から読み上げてくれる。日本語入力をオンにしていると、アルファベットと日本語を同時に読んでくれる。もちろん、主音声と副音声なのでかぶっていても判別はつくようになっている。おもしろい。

しかし、使い方がわからない。付属のドキュメントの類を探してみるが何もついていないようだ。先の ALTAIR のページを探しても書いてない。web を見てみたいが、どうすれば見れるのかわからない。困った。ALTAIR の下のほうに「インターネット」と書いてあるので、これかとクリックしても何事も起こらない。そりゃそうだろう。音声環境で使うアプリなんで多分キーボードから操作するのだろう。

しばらくあれこれしていたら、ファンクションキーで操作できることに気がつく。「インターネット」は、下段の 6 番目に書いてあるので、シフトキー+[F6] でそのモードになるようだ。案の定、画面の一番上に「インターネット」と表示されると同時に、「インターネット」と読み上げられた。しかし、その先がまたわからない。とりあえず、[Enter] キーを押してみるが何事も起こらない。困った。

さらに、あれこれしてみる。「インターネット」と表示された時点で、試しに URI を打ってみた。おー、つながりました。表示された後は、カーソルキーで画面内を移動できた。なんかものすごい早口でしゃべっています。(w

しかし、リンク先にはどうやって飛べばいいのかわからない。またあれこれやってみる。どうも、リンク上にカーソルがある状態でシフト+[F6] を押して、「インターネット」モードになっている状態で、[Enter] キーを押せばいいらしい。すると、画面上部に「Get」と一瞬表示されてジャンプした。

てな感じで、悪戦苦闘していたのですが、再度インストールしたディレクトリを探したら、マニュアル(altair.txt)が同梱されていました。あー、疲れた。:p)

まだよく読んでいませんが、記号読み飛ばしモードとかあって、しかも、読み飛ばす記号をカスタマイズできたりとか、なかなかのスグレモノのようです。もちろん、読み上げる早さも設定できます。

いくつか読み上げブラウザ使ってみましたが、ALTAIR が一番私に合っているかもね。テストページもいずれ作ってみたいですが、ちょっと息切れ中。:p)

おまけリンク
ヘルプとガイダンス--大山崎町

「ALTAIR(アルテア)」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2003/01/diary_030104a.html