朝顔日記

日記更新の半自動(?)化

publish
2003-10-13T00:00:00+09:00
tags
はてぶ

私はおおむね3ヵ所くらいからこの日記を更新することがあるわけですが、web上にすべてのログがあってそれを更新しているわけではなく、毎度更新場所から最新のログをダウンしてから更新しています。うっかりダウンし忘れると数日前のように古い日記に新しい記事を上書きしてしまうと事故が起きたりします。(謎) そこで、そういうことが起こらないように、ちょっと考えてみました。

webに上がっている最新のログをダウンし忘れなければいいわけですから、そこらあたりをなんとか楽にできないものかと、あるいは、ついでにアップするのも面倒なので、そこらあたりもついでに何とかしたい。というわけで調べてみました。私はこれまでFTPなソフトは、Sotaさん作のFFFTPという定番ソフトを使っていました。このソフトはコマンドラインでも動くので最初はそれでアレコレしてみようかと思いましたが、単に2つ3つのファイルを落としてくるだけに FFFTP を使うのもどうかと思い、もっと軽くてさくっと動いて、windowsにもれなくついている ftp.exe を使うことを思いつきました。

ftp コマンドは対話的にコマンドをやり取りしますが、あらかじめ用意したファイルにコマンドを羅列しておけばそれを順次実行してくれるらしいので、サーバへのログインIDやパスワードや、ダウンしたいファイルなどをあらかじめ書いておけばそのようにやってくれるらしいのです。その場合のコマンドラインパラメータは、

FTP -s:FILENAME HOST

と、なるようです。というわけで、バッチファイル実行で当月分(10月分)のファイルと最新の日記をダウンしてきて、その後当月分のファイルをxyzzyで開くことができるようになりました。

@echo off
cd \
cd c:\web\
FTP -s:c:\web\diary\ftp\diary_dn.scr www.noasobi.net
c:\bin\xyzzy\xyzzycli c:\web\0310.html

で、コマンドを書いた diary_dn.scr の中身はこんな感じ。一部変えてあります。:p)


USER-ID
PASSWORD
cd public_html/hogehoge/diary/
get latest.html
get 0310.html
quit

というようなことを、RSS出力用のバッチファイルにも組みこみ、日記書き終了後、最新の日記、当月分、見出し一覧とRSSファイルを一気にアップできるようにしました。画像とか無ければこれで、手軽に日記を書いたりアップしたりできるはずです。多分。一応、アップ用のコマンドを記した diary_up.scr も載せておきます。つか、よそで私が使わないといけないので。:p)


USER-ID
PASSWORD
cd public_html/hogehoge/diary/
put latest.html
put 0310.html
put rss.rdf
cd midasi
put midasi/m0310
quit

しかし、毎月書き換えてやらないといけないというのが、ちょっとあれだなぁ。やっぱりなんらかのblogツール(何)を使ったほうがいいのかな。:p)

「日記更新の半自動(?)化」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事へのツッコミ

1: ゆきち (2003-10-13T23:26:24+09:00)
いつも、僕の日記を拝見していただいているようで、本当にありがとうございます。
えーと、こういった自動化は、どちらかというと、perlなどで制御される方がよいかも知れませんね。タスクスケジューラなどと組あわせれば、簡単かな、と思います。月の計算も簡単ですし。いかがでしょう?
2: のり (2003-10-14T12:06:10+09:00)
バッチファイルだとやれることに限りがあるので、本当は環境をlinuxあたりに移行してシェルスクリプトであれこれできると楽なんでしょうね。perlであれこれするというのも考えてみたいと思います。wshあたりと組み合わせればなんかできそうです。その前に、perlを使えるようにならないと。(汗
この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2003/10/diary_031013a.html