朝顔日記

山へスキーに行ってきた

publish
2004-04-18T00:00:00+09:00
tags
はてぶ

昨日、久々に山へスキーしに行ってきました。行ったのは、小日向のコルというところです。白馬岳登山の基地、猿倉のすぐ上の山です。

同行したM田君の滑り

通常は猿倉まで車が入るのですが、今はまだ道が通行止めになっていてずっと下の二股というところから歩いて入りました。道の除雪はすでにほぼ完了しているのですが、まだ雪崩などの危険があるということでしょうか。道の所々に落ちてきたばかりの雪のブロックが散乱しているところもありました。開通は5月1日とのこと。

8時に歩き出して、途中一度休憩を入れて9時半頃猿倉に到着。スキーとスキー靴を背負っているのでいやなアプローチでした。:p) 帰りもまた同様に歩かないといけないのでげっそり。雪があればスキーで降りて来れるのですが…。

猿倉より、スキーにシールを貼って登行開始。1時間程度で、猿倉台地に到着。下は結構いい天気だったのですが、上がるに連れて曇ってきました。高い山はガスの中で、白馬岳も上は見えません。時折、激しい風も吹き出し、ゴォーと唸りをあげています。風の吹く向きと上空の雲の流れは無関係のようで、風が回っているようです。

猿倉台地までは、シール登行だったのですが、ここからはやや斜面が急になるのと、雪は結構しまっているので、ツボ足にアイゼンの方がはかどるだろうと判断してまたスキーを担ぎます。

コルについて、コルの向こう側へ回れば、風はないのではないかと期待していたのですが、そんなことはなく、やはり時折強い風が吹いていました。ダケカンバの木の根元に穴を掘って風を避けるようにして、宴会タイム。何しろ寒い。グローブをしてオニギリ食べました。:p)

コルから猿倉台地への下りの画像

帰りは滑走の楽しみがあるのですが、どうも前夜に雨が降っていたらしく、ベチョベチョの雪質でスキーはあまり滑りませんでした。ま、それでも途中、コーヒーを入れて飲んだり、楽しい山行でした。

猿倉台地にてコーヒーを楽しむ私の画像

帰りは、またアスファルト道を1時間歩いてぐったりしました。:p)

「山へスキーに行ってきた」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2004/04/diary_040418a.html