朝顔日記

熊が激しく出没

publish
2004-10-14T00:00:00+09:00
tags
はてぶ

なんか山には食いモンがないらしくて、ここ(どこ)に限らずあちこちで熊が里に下りてきて困っているようですね。なんか市街地にまで現れて人が襲われたりしているところもあるらしいです。山へ行ってもいつもならたくさん落ちているドングリをサッパリ見かけないので、山に食いモンがないというのは本当なんでしょう。夏場の天候不順が原因だとか、はたまたむかし雑木林だったものを手入れしない杉林にしてしまったツケが回ってきたのだとかいろいろ言われていますが、キクイムシとかいうのも原因のひとつだとか。幸い当地にはまだ来ていないそうですが、来年くらいにはキクイムシがやってくるとか聞きました。なんでもキクイムシは、ナラやミズナラの類の木を枯らしてしまうらしいです。ドングリの木が枯れてしまっては熊も困ってしまいますね。ミズナラが枯れると、舞茸も採れなくて困るといっている人もいますが。:p)

里に下りてくる熊は主に柿の実を狙ってくることが多いようですが、昨日飲み会で詳しい人に聞いたところによれば、熊が柿なんか食ってもとりあえず腹がふくれるだけ脂肪がないんで冬眠するのに役に立たないそうです。ドングリなんかはかなり脂肪分が多いですが、柿の実なんかだと脂肪分なんてないでしょうからそうかもしれないですねぇ。ってことは、十分な脂肪を蓄えることが出来ない今年の熊は冬眠もできないし、子どもを作ることもできないかもしれません。今年はかなりの数の熊が射殺されていますが、さらに子孫も残せないような事態になれば、絶滅ということも十分に考えられます。

どうしようもないんですが、どうしたものか。

「熊が激しく出没」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事へのツッコミ

1: Osaka (2004-10-16T07:02:29+09:00)
冬眠出来ないと言うことは雪が降ってもウロウロするのかな?絶滅も困りますが家の軒下を通られるのはもっと困る。
この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2004/10/diary_041014a.html