朝顔日記

うんこなものふたつ

publish
2005-12-26T16:48:25+09:00
tags
はてぶ

しばらく前に練習(何)で作ったしょぼしょぼなものをふたつ公開してみましょう。

ひとつは、HTTP ヘッダを取得して表示するだけの何か。View HTTP Request and Response Header の低機能版みたいなものです。通常ブラウザでは表示されないサーバから送られてきた HTTP ヘッダのみを表示します。まぁ、Firefox ユーザであれば、LiveHTTPHeaders とか使ったほうがより詳しく判るわけですが。詳しくなくてもとりあえず簡単に見たいという場合にはいいかもしれません。

Firefox ユーザの場合は、スマートキーワードに登録しておくと手軽に使えます。例えばキーワードを header 位にしておけば、ページを表示中に、ロケーションバーの URL の前に、"header " と入れてやればその URL を渡すことが出来ます。例えば、http://example.com/ を閲覧中であれば、以下のような感じです。

header http://example.com/

そしてもうひとつは、サーバが送出している MIME タイプを書き換えるゲートウェイ(?)です。MIME タイプの設定で、ブラウザで読みたいのに読めない RSS や ページをローカルに保存せずに無理矢理読んだりできます。

これもスマートキーワードに登録してもいいのですが、あまり使い勝手がよくないと思われるので、Firefox + JSActions をお使いの方は、以下のスクリプトを global に放り込んでおくとリンク先なんかも送ることができて便利かもしれません。


// text-xml で取得
jsa_Send();
function jsa_Send(){
  var sendURL = "http://diary.noasobi.net/junk/mime_change.php?mime=text%2Fxml&url=";
  var docURL = window.location;
    // リンク上ならリンク先を開く
  if(_jsaCScript.context.onLink) docURL = _jsaCScript.context.link.href;
  _jsaCScript.addTab(sendURL + escape(docURL));
}

違う MIME タイプで取得したいときは、適当に書き換えてください。

ところで、ここのところ管理者がサーバをアレコレなんかしているらしいので、突然使えなくなるときがあるかもしれませんが、そのときはスマソ。

「うんこなものふたつ」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2005/12/diary_051226a.html