朝顔日記

新仕様IE6

publish
2003-10-09T00:00:00+09:00
tags
はてぶ

各地で既報ですが、Eolas社とMicrosoft社の間の訴訟により MS社 は、仕様変更したIE の出荷を余儀なくされ、新しいバージョンのIEで快適にいわゆるアクティブコンテンツ(何)を楽しむためには、制作者サイドでページへの記述方法を変えるなどの対処が必要になるらしい。で、その新しい仕様のIEが開発者向けには、すでに発表されているということなので早速入れてみました。

いきなりいつも使っているマシンに入れるのは流石にイヤンなので、デュアルブートでインストールしてあるwin2kのほうへ入れることにして、久々にwin2kを起動してみました。ここではたと気がついたんですが、長らく起動すらしたことがなかったので、windows update などもしてありません。こりゃ、Blasterにでもやられるとイカンと思い、まずそこらあたりから…。:p) なにやら芋づる式にアレを入れる前に、これを入れて、再起動してからまたアレを入れろとか、いわれるままに合計50MB以上ダウンロードやら再起動やらしてようやくまっとうな(?)windows2000になったらしいので、さっそく例の新仕様のIEをダウンロード。

なんかよくわからないですが、これはもしかして従来のIEと共存できる仕様? インストールしたいディレクトリを訊ねられたのでデスクトップに適当なディレクトリを作ってそこを指定したらそこにインストールされました。

とにかく新仕様のIEが手に入ったからにはなにはともあれFlashを見てみないといけません。最初に思いついたのは、NTT東日本。:p) 早速アクセスしてみました。しかし、何事もなくFlashが再生されています。もしや、大企業ゆえすでに対策されているのかと思い、ソースをのぞいてましたが、あまりに読みにくそうに見えたので読まずに閉じました。:p) しからば、絶対に対策されていないと自信をもって言える自分で作ったコンテンツにアクセス。:p) なるほど、なにやらダイアログがあらわれて許可しないと再生されないようです。

なるほどなぁと思った時点で疲れたので今日はここまで。実際のあれこれについてはぼちぼち調べてみるです。結局今日は環境を作っただけでした。:p)

参考URL
Macromedia Japan - アクティブコンテンツデベロッパーセンター
Information for Developers about Changes to Internet Explorer

「新仕様IE6」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2003/10/diary_031009a.html