朝顔日記

体調不良で敗退

publish
2004-07-11T00:00:00+09:00
tags
はてぶ

土曜日から月曜日までの予定で夏山パトロール事前パトロールだったんですが、土曜日に入山して体調不良でその日のうちに下山してきました。

今回、当初の予定では北又から入山して、朝日小屋に1泊ののち栂海新道を北上して犬ヶ岳の栂海山荘に1泊、その後日本海まで縦走して下山という予定でした。

午前、7時45分頃北又小屋出発。朝日小屋から頼まれていた業務用の冷蔵庫の棚板、約1m*0.5m、重さ5kg と砂糖、4kg の荷物を頼まれたのでこれを携えて登りはじめた。砂糖はザックに収めたものの、棚板はザックに括り付けるのが面倒だったので紐で肩から提げたのですがこれも失敗でした。紐が肩に食い込む上に、あちこち引っかかったりかなり歩きにくかったのです。

しかし、それ以上に今回はどうも体調がよくないらしくて、2合目くらいまではどうにか普通のペースで上がったのですが、それ以降どうにも体が動かず、ちょっと進んではすぐに休憩を取らないと動けない状態でした。いつもとは明らかに違った汗が大量に出ます。どうにか5合目まで辿り付き、軽く物を口に入れた後、小1一時間ほどそのまま眠りこけました。

それまでは結構いい天気だったのですが、だいぶ天気がおかしくなってきて寒さで目が覚めたのでした。気を取り直して歩き出します。6合目を過ぎた辺りでかなりしんどい状況になりました。折りしも雨が降り出してきたので、小屋に連絡を取ってここで下山しようと思いつきます。が、携帯電話はつながりませんでした。とりあえず身体を冷やさないようにとカッパを着用。そうこうしているうちにまた少し元気になってきたので歩き出しました。

7合目での休憩時に雨が上がったのでカッパを脱いでまた歩き出しましたが、かなりしんどい。8合目手前でまた雨がひどくなってきたのでカッパ着用。どうにか8合目まで辿り付きました。8合目に着いた途端にバケツをひっくり返したような土砂降りに。雷もなっています。

ここまでは休み休みしながらもどうにか登ってきましたが、この先10合目を過ぎると樹林帯を抜け遮るもののない高山帯にはいります。ここまでかかった時間とこれからかかるであろう時間を計算すると、夕方までにはなんとか小屋にたどり着けるだろうけれども、身を隠すところもないようなところでもたもたしているのは得策ではないと考えました。救助隊員が救助じゃシャレにならないですし。

そう判断して、小屋に届ける荷物は8合目にデポして下山することに決めました。棚板と砂糖、計 9Kg をおろすとかなり身軽になり、しかも下りということもあり、下山は普通に出来ました。ものすごい土砂降りだったために、登山道は完全に川になって水が流れていました。

もう北又に到着するという頃になって、上山する別の隊員に合ったので、今回の件を話し、あとをお願いしました。無線によれば小屋からもデポの荷物を回収にひとり降りてきてくれたそうです。

北又小屋についた時点で再度電話で朝日小屋に連絡を入れました。やはり、心配してひとり出してくれたとのこと。申し訳なし。

何しろ今回は自分の身体が自分のものでないようでかなりしんどかったです。まぁ自分の体調管理が悪いせいなのでなんともはや、ゴメンナサイっていう感じです。睡眠不足が一番の原因なんだと自己分析しているんですが。次からはこういう事の無いようにしなければ。

「体調不良で敗退」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2004/07/diary_040711a.html