朝顔日記

xalan-java を入れた

publish
2004-07-30T00:00:00+09:00
tags
はてぶ

ひとつのソースに、xslt かまして、複数ファイルで結果が欲しいと思って調べてみたら、xalan-java の拡張 redirect というのを使えばできるらしいというので入れてみた。実は前のマシンには入っていたのですが、今のマシンには入っていなかったという。ま、バージョンも上がっているだろうし、いい機会です。ということで、インストールメモ。

まずは、http://www.apache.org/dyn/closer.cgi/xml/xalan-j より適当なところを選んで、xalan-j-current-bin.zip をダウンロード。C ドライブのルートに解凍したら、xalan-j_2_6_0 なるディレクトリつきで出てきたので、xalan-jにリネーム。

続いて環境変数の設定。以下のような感じで追加。


set XALAN=C:\xalan-j
set XALAN_JAR=%XALAN%\bin\xalan.jar
set CLASSPATH=%CLASSPATH%;%XALAN_JAR%

xalan を実行するときは、java org.apache.xalan.xslt.Process -in xmlソース -xsl スタイルシート -out 出力ファイル みたいな面倒書き方をしないといけないので、以下のようなバッチファイルを パスの通ったところに置いておいた。以下、xalan.bat の内容。

java org.apache.xalan.xslt.Process -in %1 -xsl %2 -out %3

これで、xalan xmlソース スタイルシート 出力ファイル という形式で実行できるようになります。

さて、環境が整ったところで次は xslt を書くだけです。が、xslt の書き方とかは忘却のかなただったり。:p)

「xalan-java を入れた」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2004/07/diary_040730b.html