朝顔日記

dc:date をどうしたものか

publish
2005-01-04T19:01:00+09:00
tags
はてぶ

この日記の RSS は rNote が自動的に生成してくれているわけですが、このときの dc:date は、記事を書く xml ファイルの Date 要素から生成されます。今までは、記事の更新された時間のことなど考えていなかったので、<Date>2005-01-04</Date> って感じで書いていました。そのために生成された RSS では、<dc:date>2005-01-04T00:00:00+09:00</dc:date> といった感じですべて0時0分0秒の更新ということになっていたようです。と、さきほど親分(誰)に指摘していただいて気が付いたわけですが、これはまずいですね。

とりあえず、RSS を生成するスキンをいじって、yyyy-mm-dd の形で出すことにしておきましょう。しかし、過去の分はともかく今後は時間も入れたいなぁ。ファイルを作った時間を入れるのは容易なんですが、更新時の時間をどうやったら楽に入れられるかなぁ。ちょっと無い知恵を振り絞ってみるか。

と、スキンをいじって再構築(何)をする口実のための記事だったり。:p)

「dc:date をどうしたものか」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2005/01/diary_050104b.html