朝顔日記

テレマークスキー山行@白鳥山

publish
2006-02-20T16:19:57+09:00
tags
はてぶ

2月19日日曜日に、新潟、富山県境にある白鳥山(1226m)へ、テレマークスキーで行って来ました。白鳥山、テレマークスキー山行 に文字でおおまかなコースを書きましたが、地図も載せておきましょう。以下が上りのルートです。等倍画像(約25KB)にリンクしています。

白鳥山周辺地図のサムネイル

その他、写真も多少撮ってきたのでそれも載せておきます。

上路集落よりひと登りしたあたりの画像

上路の神社よりスタートして、尾根に取り付いて30分くらい登ったあたりです。早朝出発したらしい先行者のトレースがあったのでラッセルはせずに済みました。先行者に追いつくことはなく、途中で下ってくる彼に会いました。多謝>先行の人

881m を過ぎたあたりから、頂上を望むの図

881m を過ぎると、木々は雪の下となり眺望も開けてくる。画像中央よりやや左のスカイラインに小さく黒い点となって、山頂の白鳥小屋が見えています。

大滝谷を隔てて向かいの尾根を望むの図

1010m あたりの尾根から大滝谷を挟んで向かい側に見える尾根を望みながらの登行。滑るとかなりよさげな斜面が広がっているように見える。

県境尾根と合流したあたりの画像

県境尾根とのジャンクションを過ぎたあたり。風が強いため雪面はやや波打ち、雪も表面は少しパックしていた。この日は風がなかったのでありがたかった。

小屋の直下の図

ようやく小屋に到着。ビールで乾杯だ。:p)

初雪山を背景にした白鳥山小屋の画像

今年は例年よりも積雪は多いはずなのですが、小屋の周辺はいつもよりも雪が少なかったです。風が巻くので小屋の回りは雪が少ないのですが、今年はとりわけ風が強い日が多ったということでしょうか。

下りは、途中まで尾根を外して滑ったのが効を奏して、かなりおいしいパウダーを頂いてきましたが、写真を撮るのをすっかり忘れていたので、写真はありません。

「テレマークスキー山行@白鳥山」へコメントをつける

書き込み時の挙動について
URI らしき文字列には自動的にリンクが張られます。また "<" や、">" は実体参照化されます。
スパム対策のため、リファラを切っていると投稿できません。

この記事の永続的 URI ならびに トラックバック ping URI
http://diary.noasobi.net/2006/02/diary_060220a.html